利休の闇

著者の加藤さんにお会いしたのは10数年以上前だったか、私がまだ会社にいたころに業務で来社された加藤氏は当時経営指導のコンサルタントであった記憶している。失礼な言い方だが、もっさりした小男といった御風采で、その後彼が「信長の棺」という歴史小説を書いたところ、当時の首相小泉純一郎がファンになったということから、本が大いに脚光を浴び、ベストセラーになったのには驚いた。の後いくつかの歴史小説を出されたようで、これが最新作。著作は秀吉がらみの話が多いが。これは秀吉に茶道を手引きした利休を中心にした話。(利休という名はずっと後に秀吉に授かったもので、この小説の大半は、「宗益」という茶道の名で登場する。――因みに利休の名の「利」は本来茶人の避ける字で秀吉の嫌がらせが始まっていた印だということだそうです。)秀吉の時代に茶道がなぜ武士の間で流行したのかーそれは親分の信長が茶道に打ち込んでいたからに他ならない。

旨く行っていた秀吉との関係が、天正11年秀吉が天敵柴田勝家との決戦の前に山崎の「待庵」で開いた茶会の頃から、茶道に対する姿勢・考え方の食い違いから徐々に崩れて行き、また利休の秀吉に対する政治がらみの対応が不味かったこともあって、最後には秀吉に憎まれるようになり、利休の人生は秀吉に強いられた割腹死で終焉する。

その経緯を追った著者の綿密な資料調べは大変なものだが、全編を通じてなんとなく物足りない感じが免れないのは、著者の利休に対する愛着というか尊敬というかが足りず、読み終えて、とにかく主人公をもう一つ好きにはなれないことだ。歴史としては分かるが、小説としてはそこがもう一つ不満のあるところである。なお文章の書き方で、行替えが詩のように多くて、異様でもある(例は例えば127頁)。いかなる効果を狙ったのだろうか?茶事に必須の茶碗にご興味のある方には、とても面白い小説と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください