月別アーカイブ: 2015年11月

2015年11月

文庫あれこれ◆週末はお天気が崩れるとか。急に寒くなりました。立冬も過ぎたことだし、早、師走も近づきつつあるのですから当然ですか。床暖つけて書いています。◆たくさんの本が書架のどこかに隠れて見当たらなくなっています。そろそろ、蔵書点検をやらねば、と思いますが、まとまった時間がとれず。それでも、部分的に整理するだけで、あら、こんな本が、と、気づくことしきり。◆絵本の部屋をちょっと配置換えしています。◆クリスマス絵本を入り口左の新刊コーナーへ出しました。(12月いっぱい)◆福音館書店(日本)の絵本を入り口右端の本棚縦1列にしましたので、ご注意ください。◆また、入って右列の左側(クリスマス本定位置)に仮ですが、テーマ別の絵本をしばらくならべます。◆それと、日本の昔話絵本を、外国の昔話絵本のそばに持って行き、昔話絵本は一緒にします。◆しばらく不安定ですが、見出しをつけますので、おかあさん方ご協力ご理解ください。◆信州に行ってきました。泊めてもらった友人宅の近くに喬木村があり、そこが児童文学、動物文学作家の椋鳩十さんの故郷です。ほとんどの人は教科書を通して『大造じいさんとガン』を憶えておられるでしょう。椋さんは、故郷を離れて、九州鹿児島で、教師、図書館長、そして、親子20分読書を推進しましたが、心は、いつも信州の自然に遊んでいたよう です。喬木村にある記念館と隣り合わせで、存立の図書館があり、私たちが行った日は月1の整理日でしたが、見学させてもらいました。本のならびもわかり易く、ずっといたいな、と思わせるくつろぎの空間でした。◆12月は例年通り、クリスマス会をやります。参加される方は、交換用のプレゼント(300円程度)をお持ちください。大人の人もね。◆今月はフィクションは少なめです。珍しく子どもの本が

2015年9月

文庫あれこれ◆空は荒れ狂い、河川を決壊させ、家々を呑みこみ、人々の日常を脅かしています。東京湾沖では直下型のかなり強い地震もありました。◆まるで国会の喧騒を煽るように。こんな言い方はよくありませんが、施政者たちよ、よ~く考えてください。◆被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。◆今年は残暑なしに秋へ移行でしょうか。凌ぎやすくなったのは良しとして、街ゆく人が早々に長袖を着こみ、夜は掛け布団が恋しくなってきました。(去年はどうかしらと、9月の<文庫あれこれ>を見たら、やっぱり急に寒くなり風邪をひいた、とありました)◆夜が更けて雨もあがってやっと虫の声も聞こえてきました。(18日)◆取り立ててハードな生活をしているわけでないのに倦怠感を感じ、今更に健康の2文字が輝いて見えます。日頃体を鍛えていらっしゃる方敬服いたします。今からでも頑張って早朝歩きでも始めますか。◆今度、機会があってシニアの方たちの読み聞かせボランティアをやることになりました。介護ホームやデイサービスの集まりに出かけて、聴いていただくそうです。同世代以上の方にどんなことができますか、少々びくついています。◆あなたの読書傾向は年を経て変わりましたか。いま、必要に迫られて40代のある作者の本を読み漁っているのですが、かつて若い頃は嫌いでなかった心をえぐるような話、報われない愛の話、他者を苦しめる話についていけなくて参っています。今は時代小説(過ぎ去った昔の話として)は気を楽にして読めるような気がします。海外の小説も客観的にとらえられるからか、読めます。特に最終的に希望の持てる話が今はいいです。子どもの本も日本のものより海外のもの。◆映画「2つの名前をもつ少年」(原作『走れ、走って逃げろ』requestで入れました。)を観ました。原作に対して誠実に描かれていてよかったです。◆今年の中秋の名月は27日とか、心おだやかに月を眺めたいものですね。(西村)

2015年10月

文庫あれこれ◆10月は昨日まで慌しいスケジュール。所属団体の全国交流集会で代々木のオリンピックセンターに3泊4日、5日から北海道、台風で足止めくって1日遅れで帰京、連休明けから毎日小学校、介護施設でのお話会、そして15日、町田文学館の大人のためのお話会で町田縁りの作家紹介(本読んで原稿書いてしんどかったぁ)→文庫へ直行。昨晩は目が腫れるほど熟睡。◆5カ月ぶりの北海道は、夫さんの診療が終わると近場の温泉へと出かけました。◆紅葉も始まり、ちょうどタマネギ、じゃがいもなどの収穫期で、大地をトラクター(ハーベスタ―)で収穫する様子が珍しく愉快でした (数日後、台風の影響で田畑は川化して、上の収穫ケースが水浸しというのも見ました)。◆文庫の土曜は珍しくスタッフNさんMさんがコーラスの発表会でお休み。◆パソコンも機嫌が悪く初代PCが登場、代役が務まりますか不安。◆アメリカからハロウィン菓子を送ってくれた2女が帰国しても袋菓子を用意してくれてます。大人は早いもの勝ち。◆日曜、秋の夜長のおはなし会を一日限り復活(知多阿久比町からのお客様に)。◆週末秋日和になあれ(西村)