2015年11月

文庫あれこれ◆週末はお天気が崩れるとか。急に寒くなりました。立冬も過ぎたことだし、早、師走も近づきつつあるのですから当然ですか。床暖つけて書いています。◆たくさんの本が書架のどこかに隠れて見当たらなくなっています。そろそろ、蔵書点検をやらねば、と思いますが、まとまった時間がとれず。それでも、部分的に整理するだけで、あら、こんな本が、と、気づくことしきり。◆絵本の部屋をちょっと配置換えしています。◆クリスマス絵本を入り口左の新刊コーナーへ出しました。(12月いっぱい)◆福音館書店(日本)の絵本を入り口右端の本棚縦1列にしましたので、ご注意ください。◆また、入って右列の左側(クリスマス本定位置)に仮ですが、テーマ別の絵本をしばらくならべます。◆それと、日本の昔話絵本を、外国の昔話絵本のそばに持って行き、昔話絵本は一緒にします。◆しばらく不安定ですが、見出しをつけますので、おかあさん方ご協力ご理解ください。◆信州に行ってきました。泊めてもらった友人宅の近くに喬木村があり、そこが児童文学、動物文学作家の椋鳩十さんの故郷です。ほとんどの人は教科書を通して『大造じいさんとガン』を憶えておられるでしょう。椋さんは、故郷を離れて、九州鹿児島で、教師、図書館長、そして、親子20分読書を推進しましたが、心は、いつも信州の自然に遊んでいたよう です。喬木村にある記念館と隣り合わせで、存立の図書館があり、私たちが行った日は月1の整理日でしたが、見学させてもらいました。本のならびもわかり易く、ずっといたいな、と思わせるくつろぎの空間でした。◆12月は例年通り、クリスマス会をやります。参加される方は、交換用のプレゼント(300円程度)をお持ちください。大人の人もね。◆今月はフィクションは少なめです。珍しく子どもの本が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA